免疫チェックポイント阻害薬

免疫チェックポイント阻害薬の取り扱いを開始しました。

この度、当クリニックで免疫チェックポイント阻害薬を使用した治療を開始いたします。

免疫チェックポイント阻害薬にご興味のある方は、以下の説明をお読みください。

免疫チェックポイント阻害薬とは

免疫チェックポイント阻害薬は、全く新しいタイプのがん治療薬であり、最近はテレビでも頻繁に取り上げられるなど、がん治療薬としてはかつてみられなかった程の注目が集まっています。

本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞 がん免疫治療薬を開発

NHKオンライン「クローズアップ現代」がん治療が変わる~日本初の新・免疫療法~
東洋経済オンライン「がんの究極薬が開く、新しい治療法の可能性」

通常、私たちの体内ではリンパ球などの免疫細胞ががん細胞を攻撃することで、がんの増殖を防いでいます。
ところが、がんを直接攻撃する”兵隊”であるリンパ球(特にTリンパ球)には、自身の暴走を止めるためにPD-1というブレーキを掛ける仕組みが備わっており、結果としてがん細胞への攻撃にも自らブレーキがかけられることがわかってきました。
免疫チェックポイント阻害薬は抗PD-1抗体という抗体薬であり、Tリンパ球上のPD-1というブレーキ役のタンパク質と結合することで、Tリンパ球にブレーキがかかることを抑え、Tリンパ球ががん細胞を攻撃するパワーを増強します。

免疫チェックポイント

現在、多くのがん患者さまの治療に標準治療として用いられるようになりましたが、まだまだ多くの数のがんに対する使用が厚生省から認可されておらず、また、単にこの薬剤を投与しても20%から30%の患者さまでしかその効果が得られていないというのが実情です。
その患者さま、がんの種類に依っての有効性の違いの理由については現在、世界中の免疫学者によって究明の為の努力が続けられています。

当クリニックではこの薬剤がより多くの患者さまで効果が得られ、且つ長期間に渉って効果が続くように、“樹状細胞ワクチン療法”、樹状細胞の働きを強化する“BCG-CWS”等との組み合わせ治療などを行っています。

放射線療法、そして近年にはリンパ球などの免疫細胞に抑制的に作用する旧来の”抗癌剤“ではなく、がんの成長をピンポイントで阻止する”分子標的薬“の開発が目覚しい速さで進んでおり、当クリニックでは最近、免疫チェックポイント阻害剤と、当クリニックの免疫療法、そしてこの1,2年前に登場した”Braf, MEKなどの分子をターゲットにする“分子標的薬”を並行して行うことで、極めて治療困難とされている“甲状腺未分化がん”に大きな治療効果をおさめた症例もあります。

免疫チェックポイント阻害薬治療に関する注意点

免疫チェックポイント阻害薬はその性質上、免疫系の過剰反応を引き起こす可能性があります。
特に、間質性肺炎、Ⅰ型糖尿病、重症筋無力症などの自己免疫性の疾患を発症することがあり、実際、今までに国内でこの薬が投与されたメラノーマ(悪性黒色腫)、肺がんの患者様の中には、重い副作用が発症することで死亡にまで至った方もおられます。
従いまして、この免疫チェックポイント阻害薬を用いる場合、以上の重篤な副作用が起きる可能性を絶えず考慮し、充分以上の準備、注意が必要となります。

当院では、様々な形で免疫チェックポイント阻害薬の活用を試みています。また、いざと云う場合に備えて近傍の、がん治療に熟達した総合病院に依頼することで、24時間体制で危急の事態に対応可能な体制を確保しています

詳しくはお問い合わせください

当院で免疫チェックポイント阻害薬を投与する場合、その費用は保険適用外であり、自費での治療となります。
尚、仮に重篤な副作用が発現し、その為に必要となる医療費についてはこの限りではありません。

その他、疑問点や治療費など、詳しくは当クリニックまでお問い合わせください。