ご挨拶

はじめまして。神戸ハーバーランド免疫療法クリニック院長の横川 潔です。
がん治療は、発症する部位、がんの種類、そして進行状態によってさまざまに治療内容が変わります。更には、病状が悪い方向へ進みだすとスピードアップする傾向が一般的であり、常に病状にマッチした治療を受けるためにも、出来れば当初から、がんへの知識が豊富な医師の細やかなサポートが必要となります。当クリニックは、患者様の病状に応じたがん治療を実践することを第一目標として開院いたしました。当然ながら、優れた医療を患者さまへ提供する為の的確で幅広い医学知識を身に着けるべく、常時、努力を積み重ねながら、合わせて患者さまとの心の交流をより深める為、会話をおろそかにしない診療を心掛けています。患者さんの病態、病状はお一人おひとりで違っており、教科書的な対応だけでは、がん患者さんへの真の治療はできません。当クリニックでは、がん患者さんと相対するにあたり、節度をわきまえつつも「医者と患者」という枠を越えた、心のこもったお付き合いを、出来る限り長く続けたいと切に願っております。
私たち人間の体には、生まれつき備わっている免疫というシステムがあります。体内に風邪や伝染病などをもたらす病原体という敵が侵入してきた場合、免疫システムがそれら敵を防御、攻撃して、病気の発症を未然に防いでくれているのです。そして同様に、本来、自分の細胞からたまたま出来てしまった“がん細胞”という敵に対しても、免疫システムは人の体を守るべく日々、活動してくれています。当クリニックで行っている治療法は、私たち人間が元々持っている免疫の働きを応用して開発された、患者さんご自身の免疫細胞を活用する“免疫細胞療法”です。因みに、この数年前からがん治療の現場に登場することでがんの標準治療を大きく変えつつある免疫チェックポイント阻害剤を用いる療法は、免疫細胞の中の特にT細胞の働きを活発化することで体の免疫力を強化してがんを攻撃する免疫療法であり、今までの抗癌剤では得られなかった効果が得られています。実際、この免疫チェックポイント阻害剤を当クリニックも、がん治療の一環として取り入れています。

“がん”になったとき、真っ先に相談できるクリニック

がんの告知を受けた時、患者さんのみならず、ご家族でさえも目の前が真っ暗になり、絶望の淵に立たされた感覚にまで陥ることがあると思います。がんの発症は、患者さんとご家族にとっては極めてショッキングな出来事であり、時には生きる希望や勇気さえも奪いとってしまう、恐ろしい出来事といえます。しかし、決して悲観だけをするべきではありません。特に最近では、がん治療の研究開発が飛躍的に進み、多くの有効な治療方法が新たに確立され、がん診断後の生存率が随分と伸びてきました。どうぞ、希望を捨てずに、がんと闘って欲しいと思います。

当クリニックは、がんを治療するということを第一の目的としていますが、それと同時に患者さんが生きる希望と勇気を取り戻せるようなクリニックでもありたいと思っています。万が一、病院で「がん」と告知された時に、「真っ先に相談に行きたい」と思って頂ける、そんなクリニックを目指しています。

幹細胞治療を開始しました(2021年6月)

幹細胞を使った再生医療領域では、脳内出血、脳梗塞による運動機能の回復、脊髄損傷障害治療の研究や、変形性膝関節症、スポーツ障害など身体機能回復の治療、更には肝障害、糖尿病などの治療や、以上に加えて、幹細胞には体の免疫系を調節、時に抑制する能力があり、また、血管内皮細胞の再生促進による血管新生作用もあり、即ち、身体全体の若返り効果が期待されます。更には肌再生治療、皮膚陥凹性変形の治療、シワ・シミ・たるみの改善、育毛など幹細胞を使った再生美容幹細胞治療が進められています。
幹細胞治療について詳しくはこちら

院長の経歴

1978年3月 大阪大学医学部医学科 卒業
同年 6月 大阪府立成人病センター 麻酔科医員
1980年2月 市立堺市民病院 泌尿器科医員
1982年6月 星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科医員
1983年6月 大阪大学医学部附属病院 泌尿器科医員
1987年 大阪大学医学博士号 授受
1993年7月 株式会社サンド薬品(現ノバルティスファーマ(株))入社
1997年 4月 武田薬品工業株式会社 入社
1998年10月 同社 医薬開発本部 癌、泌尿器科、感染症領域 部長
2004年 2月 株式会社メディネット 入社
2004年12月 研究開発担当 取締役 CSO
2007年 4月 代表取締役 COO
2010年11月 医療法人社団 医創会 総院長就任
2012年4月 神戸ハーバーランド免疫療法クリニック 開院

「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」について

当院が実施しています免疫細胞療法は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」によって、その医療行為がどのように行われ、安全性の検討を十分に行っているかなどその医療の専門家を加えた委員会の審査を受け、届け出を提出する義務が定められています。
当院におきましては、「再生医療等提供計画」を提出し、平成27年11月20日に受理されております。

クリニックからのお知らせ

 

2023.11.27 年末年始休診日のお知らせ
2023年12月28日から2024年1月4日は年末年始の休診とさせていただきます。
休診中にいただきました治療相談のお申込みにつきましては休診明けより確認のご連絡をさせていただきます。
2023.11.27 培養リソースの不足がもう暫くの期間続くため、誠に遺憾ながら2023年12月は新規の樹状細胞、NKTの細胞培養を控えさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
2023.9.01 樹状細胞ワクチン療法の費用について
アフェレーシス(成分採血)ワクチン培養・管理費における費用を改定いたしました。
費用についてのページをご確認ください。
2023.8.09 樹状細胞ワクチン療法の費用について
アフェレーシス(成分採血)ワクチン培養・管理費における費用を2023年9月1日より価格改定いたします。
金額を確認したい方はご連絡ください。
2023.8.09 夏季休暇のお知らせ
2023年8月13日(日)~2023年8月17日(木)は夏季休診とさせていただきます。
休診中にいただきました治療相談や説明会のお申込みにつきましては休診明けより確認のご連絡をさせていただきます。
2021.12.04 年末年始休診日のお知らせ
2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)まで、年末年始の休診とさせていただきます。
休診中にいただきました治療相談や説明会のお申込みにつきましては休診明けより確認のご連絡をさせていただきます。
2021.08.04 夏季休暇のお知らせ
2021年8月12日から2020年8月15日は夏季休診とさせていただきます。
休診中にいただきました治療相談や説明会のお申込みにつきましては休診明けより確認のご連絡をさせていただきます。
2021.04.28 G.W.休診のお知らせ
4月29日(木)および5/3(月)-5/6(木)はG.W.休診とさせていただきます。
休診中にいただきました治療相談や説明会のお申込みにつきましては休診明けより確認のご連絡をさせていただきます。
2021.01.11 認定再生医療等委員会教育研修会登壇のお知らせ
院長 横川が第4回 認定再生医療等委員会教育研修会にパネリストとして参加致しました。