がんの再発予防について

積極的な治療が再発予防のカギを握る

再発予防

がんへの手術治療後、まずは病院の医師が説明する再発予防への説明をよく聴き、理解することが大切です。

患者さまの中には、「手術治療後、定期的に検診を受けていれば再発を早期に発見ができる。たとえ見つかったとしても、それから抗がん剤治療などを受ければ、完治できる」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、極めて微小ながん細胞が必ずしも検診では摑まらず、検診という網をすり抜け、知らぬ間に全身に広がり、成長して行くケースもあり、また仮に再発が早期に発見されても、再発したがんは、元のがんとは違い、必ずしも抗がん剤に反応してくれず、やはり、再発だけは何としても防ぎたいものです。

再発予防にも効果が期待される免疫療法

再発予防

手術後の再発予防には抗がん剤治療や放射線治療などの治療方法があります。
そこで近年、再発を防ぐための治療として注目されているのが免疫療法です。
ほとんど副作用がなく、全身に点在するがん細胞を攻撃するため、免疫療法は再発を予防する治療の選択肢のひとつとしても、ぜひ加えたい治療法といえるでしょう。